古本買取のマッチングサービス タダ同然より少しでも高く売る方法がコチラ

いつの間にか読まなくなった本が家に眠っていませんか?

多い少ないに関わらず、不要になった本はだれでも持っていると思います。

不要になった本をどうしていますか?いろいろな方法があると思いますが、大体は以下のような方法だと思います。

  • 近くの古本屋に買い取ってもらう
  • フリマアプリなどを活用して、自分で販売する
  • 廃品回収に出す
  • リサイクルステーションに持ち込む
  • 誰かに譲る
ぴーちょこ

不要な本を何とかしたいですよね。

そんな時に便利なのが、古本の買取を一括査定してくれる、マッチングサービスを利用することです。

それでは、上記の方法の長所と短所を見ながら、古本のマッチングサービスをおススメする理由についてご紹介いたします。

なお、古本だけでなく、CDやレコードが大量にある方も参考になる記事です。古本と同じように買い取ってもらえます。

【古本一括査定.com】
目次

近くの古本屋に買い取ってもらう

不要な本をお金に変えたい時、一般的な方法が、近くの古本屋に買い取ってもらう方法です。個人店から全国チェーンまで、様々な買取店があります。

メリット

近くの古本屋で買い取ってもらうメリットは、

  • 持ち込めば、すぐに査定→現金化できる
  • 持ち込めば、すぐに不用な本を処分できる
  • 持ち込めなくても、出張買取をしてくれる店舗が増えてきている
ぴーちょこ

持ち込める人は、すぐに処分できる上、現金化できるのがメリットですね。

デメリット

  • タダ同然で買い取られることがある
  • 持ち込んだ労力の割に、大したお金にならないことが多い

一度でも古本屋に持ち込んだことがある人なら経験があるでしょう。持ち込んだ本が何十冊とあっても、買い取ってもらったお金がわずか数百円という経験が…。

もちろん、価値のある本を売却する場合は別ですが、多くの本は本当に査定額が低いものばかりです。

近くに古本の買取店がある人は気にならないでしょうが、車で長時間移動しないと行けない人は、労力の割に大したお金にならないので、もう利用したくないと思うかもしれません。

そして、一番恐ろしいのは、価値がわかっていない古本屋に安値で買い取られてしまうことです。大手の古本屋では、買取のデータベースがあるので、市場で価値がある本、ない本と査定がはっきりしています。しかし、個人店は要注意です。

ぴーちょこ

逆に買う場合は、個人の古本屋に掘り出し物があったりするので、おススメですね。

フリマアプリなどを活用して、自分で販売する

メルカリを筆頭に、ラクマ、PayPayフリマなどのフリマアプリを利用する人が増えてきています。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 買取店以上の金額で売却できる
  • 慣れれば簡単に扱える
  • 匿名配送が一般的になってきている

老若男女問わず、利用が拡大してきているフリマアプリ拡大の最大の要因は、買取店以上の金額で売却できるところです。

一般的には価値が低いと思われる本でも、必要な人にとっては価値があります。

私、ぴーちょこもメルカリを利用していますが、買取店では1冊10円するかしないかの本でも、100円以上の利益になることは当たり前です。

ぴーちょこ

古本屋に買い取ってもらうより、トータルの金額は数倍高くなります。

デメリット

  • 売れなければ、いつまでたっても処分できない
  • 匿名とはいえ、売買のやりとりでトラブルが起きることもある

フリマアプリは、自分の店で売るのと同じですから、売れなければいつまでも在庫を抱えることになります。

もともと不用品なのですから、早く処分したいはずです。しかし、売れないものはいつまでたっても、値段を下げても売れません。また、いつ売れるかわからないので、倉庫の奥にしまいこむこともできません。

不用な本を処分するといった、当初の目的が薄れていってしまいます。

ぴーちょこ

私も、最低金額をつけても1年以上売れない本が結構あります。あきらめて古本屋に買い取ってもらった本も多数あります。

匿名とはいえ、売買は相手とのやりとりです。トラブルが起きることもあるので、そういったわずらわしいことを避けたい人は、フリマアプリを使わない方がよいと思います。

廃品回収に出す

ここからは、お金にならない処分方法です。簡単にメリットとデメリットをまとめていきます。

メリット

  • 地域の財源の助けになる
  • 学校で取り組んでいる場合、学校に協力できる

デメリット

  • 廃品回収の日まで、保管しておかなければならない
  • 地域の人に見られたくない本は出せない(笑)

リサイクルステーションに持ち込む

最近増えてきたリサイクルステーション。本はもちろん、段ボール、古い布なども回収しています。

メリット

  • 24時間、いつでも持ち込める
  • 無人なので、ア〇ルトな本を処分できる(笑)

デメリット

  • リサイクルステーションが普及していない地域もある

誰かに譲る

誰かに譲るという方法も、不要な本を処分する方法の一つです。人に譲ることは、親切心からの行為なので、私から何か言うことはありません。

譲った相手が喜んでくれるといいですね。

誰かに譲るのとは違いますが、教員の場合は学級文庫にするというのも一つの方法です。

ぴーちょこ

私物を学級文庫にする場合、必ず自分の名前を書いておくこと。学校のものかわからなくなってしまうからね。

古本買取のマッチングサービス「古本一括査定.com」

さて、不要になった本を処分するいろいろな方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

せっかくなので、不要な本がお金になるとうれしいですよね。でも、買取店に持っていくと大した金額にならない、フリマアプリで販売すると手間がかかるなど、一長一短あります。

そういう人には、古本買取の一括査定を行っているマッチングサービスを利用するのがよいと思います。

ここでは、「古本一括査定.com」について紹介します。

古本一括査定.comの特徴

一番高い店舗に買い取ってもらえる

「古本一括査定.com」では、自分が売りたい本を多数の店舗が入札する形で売却します。そのため、一番高い値段をつけてくれた店舗に売ることができるので、必然的に近くの買取店に持ち込むより高く売ることができます。

連絡が来るのは、売却する店舗のみ

車の一括買取査定を利用したことがありますか?登録したとたん、電話が鳴りまくります。いろんな店舗から一気に電話がかかってくるからです。

自分の個人情報が複数の店舗に流れてしまっているので、いちいち全ての連絡に答えなければなりません。

しかし、「古本一括査定.com」では、連絡が来るのは、売却が決まった店舗からだけなので、安心して取引ができます。

無料で利用できる

査定サービス等、すべてを無料で利用することができます。

価格や条件に納得できなければキャンセル可能なので、気軽に査定を依頼することができます。

不要な本の新たな処分の仕方として、一度検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる