初心者向け エレキギター入門セット 買うならどれがいい?

ギターをやるなら、やっぱりエレキギターもやってみたい!と思う人がいると思います。

私もアコースティックギターからエレキギターにも手を伸ばしたタイプです。

でも、何を買ってよいのかよくわからないかもしれません。エレキギターはギターアンプなど、いろいろなものを一緒に買う必要があることはわかるけど…、という人はいませんか?

私もよくわからなかったので、入門セットを買いました!と言っても、今から25年以上も前の通信販売ですが…。でも、一通りそろっているのでありがたかったです。

お店で買えばいいじゃないと考えているあなた。店で買うことって結構ハードルが高くないですか?

・高いギターや不必要な付属品まで買わされるかも…。
・店員さんに「弾いてみます?」と言われた時、周りのお客さんの好奇の目…。

ぴーちょこ

「あいつギター買うんじゃねーの。何弾くんだろ?」と周りの客にジロジロ見られます。これから始める人、こんな状態で選べます?

私の考えはズバリ、「最初のギターは通販で安く購入すればいい!」です。

よく、「手に持ってみてしっくりギターを選ぶ」なんて言いますが、初心者がわかります?

ギターをやっている友達を連れて行って選んでもらうという手もあります。しかし、友人が選んだギターが自分にとっていいかわかりますか?

どうせなら、自分が欲しいギターを見た目で選べばいいと思います。上手になってきたら、きっと買い替えます。

入門セットとして売られているギターは、安いだけでなく、できるだけ万人が弾きやすい定番のボディタイプを扱っています。

ということで、この記事では、エレキギター入門セットを買うならどれがよいか、ということを紹介していきます。

目次

Photogenic(フォトジェニック)ストラトキャスタータイプ

Photogenicという安価なギターブランドです。紹介しているのは、ストラトキャスタータイプ(ストラトタイプ)という、エレキギターでは定番の形です。初心者には一番おススメできる形です。

安価なブランドということで、ダメ出しする人がいますが、そんなことはありません。

価格相応という言葉があるように、確かに部品や素材は手ごろなものを使用しています。しかし、初心者が練習するには十分です。

安価なギターブランドをバカにする人は、どれだけすごい演奏ができるのでしょうね。安いギターでも、上手な人はカッコいい演奏をしますよ。

次の動画は、1万円のphotogenicと5万円、30万円のギターを聞き比べた動画です。30万円のギターが、フォトジェニックの30倍の良い音に聞こえますか?

Legend(レジェンド)テレキャスタータイプ

Legend(レジェンド)というブランドは、「アリアプロ」というブランドを扱っている荒井貿易の入門モデルブランドです。

ぴーちょこ

私が買った入門セットは「アリアプロ」でした。さらにその廉価版になります。

ここで紹介しているのは、テレキャスタータイプ(テレキャスタイプ)のギターで、一つ目に紹介したストラトタイプと同様に、定番の形です。

レジェンドも安価なギターブランドですが、製造している荒井貿易という会社は、長年、安価で手に入れやすく、でも品質の良いギターを提供しています。個人的に信頼できるブランドです。

PhotoGenic(フォトジェニック)レスポールタイプ

最初の紹介したフォトジェニックのレスポールタイプです。これも定番の形の一つです。このタイプのギターがいい!という人も少なくありません。

レスポールタイプは、ハイポジションといって、高音部分(ギターのボディに近い方)がストラトタイプより演奏しにくいです。

ただ、初心者はそこまで気にしなくてもいいでしょう。これがカッコいいと思えばそれを買うべきです!

最後に

ギター初心者は、まず一通りそろっている入門セットがおススメです。ギターアンプやそのほか付属品はオマケ程度ですが、一式を1万円台から購入できるのは魅力です。

やはり、始めるなら安くても新品です!メーカーが販売しているものなので安心できませんか?

フリマアプリや中古品の通販は避けた方が無難です。粗悪品の可能性があります。

そして、カッコいいと思ったギターを買うことが、ギターを長く続けるポイントです。

素敵なギターライフをスタートさせてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる