いつも通知表の所見が書けなくて困る…どうすれば?

毎年、必ずやってくる行事。そう、通知表の作成です。

昔に比べたら、通知表の所見を書く回数が減ったり、文量が減ったりしたものの、それでも所見文を書かなければいけない学校はたくさんあります。

そのため、通知表の所見文例の本が販売されていますが、うまく自分用にアレンジしないといけません。そのまま文例を丸写ししようとすると、ツギハギだらけのわかりにくい文章となってしまいます。

ぴーちょこ

所見文例の本は、しっかり選ばないといけません。「ホントに通知表の所見を書いたことがある人が考えてる?」っていうような文例ばかりの本があるので、注意が必要です。

ということで、できるだけ自分の文章で書けるようにしたいですね。

そもそも、文章が書けないのは、「書くネタがないから」これにつきます。ですから、大切なことは、「日頃からしっかりネタを記録しておくこと」これに尽きます。

それでは、ぴーちょこが現役時代に取り組んでいた方法を紹介します。ご自分に合う方法を試してみてください。

目次

座席表に記入する

空欄の座席表を用意しておき、授業中にどんどん書き込んでいく方法です。1時間に1枚使用します。教科ごとに分けて閉じておけば、見返すときに便利です。

座席表

・継続すれば、かなりの資料となる。
・毎時間取り組めば、全ての教科の資料がそろう。

・慣れるまでは、毎時間取り組むのはしんどい。

ぴーちょこ

気を付けないといつも同じ子ばかりになるので、「今日はこの子の様子を記録するぞ」と思って取り組むとよいです。

個人カルテを作成して、そこに記入する

所見は授業のことばかりではありません。個人カルテを作っておき、そこに記入していくことで、その子についての記録を蓄積していくことができます。

成績のためだけではなく、児童理解のための資料や、次年度への引き継ぎ資料としても役立ちます。

下は、個人カルテの簡易版です。必要に応じて、項目を増やしましょう。

個人カルテ

・個人としてまとめるので、所見を書くときに活用しやすい。
・児童理解の資料としても使える。

・個人情報満載になるので、取り扱いに注意が必要。
(私は、職員室に保管していました。)

ぴーちょこ

職員室に置いておくと、記入し忘れるので、気が付いたことは手帳にメモして、後でゆっくり書き写していました。

子どもに振り返り(自己評価)を書かせる

児童に振り返り(自己評価)をさせると、所見のネタが手に入ると同時に、教師の見方と児童の考えにズレがないかも確認できます。

児童の振り返り

ぴーちょこ

教師から見て「体育が好きなんだな」と感じても、本人は苦手意識が強くて、あまり好きではないなんてこともあります。

・子どもの自己評価をもとに、所見を書ける。
・子どもへの理解が深まる。
・保護者との懇談の資料としても使える。

・正直に書かない子もいるので注意が必要。

ぴーちょこ

実施が簡単な割に、得られる情報が多いのでおススメです。多分、多くの先生が実施していると思います。

所見はデータにして蓄積しておく

最後に。所見はデータにして蓄積していきましょう。苦労して自分が考えた所見です。これも一つの財産です。

子どもは一人一人違いますが、所見分は流用ができます。責任感が強い子であれば、責任感について以前に書いた所見分が使えます。仕事の効率化と時短のために、蓄積した所見データは活用しましょう。

データを保管するときの注意点は、個人名や学年・組などを消しておくことです。万が一所見データが誰かの目に触れた時、個人名が入っていると誰か特定できてしまいます。また、名前が消してあっても、学年や組、番号、年度などの情報が残っていても危険です。しっかり消しておきましょう。

所見を作成するのは時間がかかる仕事ですが、工夫次第で大幅に時間短縮ができるだけでなく、中身の濃い所見を書くことができます。

この記事をご覧の方のお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる