子どもたちが盛り上がる学級レクのネタ ~悩み事相談室~

子どもたちと何かレクをしたい!という時、ちょっとしたすき間時間でできるレクを紹介します。

今回は、「悩み事相談室」というレクです。

ぴーちょこ

とっても簡単なので、ぜひやってみてください。

このゲームの対象学年は、

小学校3年生以上

です。高学年ほど、盛り上がると思います。もちろん中学生にもOKです。

目次

「悩み事相談室」の進め方とルール

「悩み事相談室」は、「悩み事」と「解決策」を考える2つのグループに分かれ、紙に書いた悩み事と解決策をランダムに組み合わせ、読み上げるゲームです。

非常にシンプルなゲームですが、奥が深いゲームで、とても盛り上がります。

それでは、ゲームの進め方です。

ゲームの進め方

① 同数の2つのグループに分ける。(座席のまん中で分けてやればよい)

② 片方を「悩み事」、もう片方を「解決策」を書くグループにする。

③ 紙を配る。

④ 黙って記入させる。

⑤ 記入出来たら、紙を折って中が見えないようにさせる。

⑥ 回収する。

⑦ 「悩み事」「解決策」からランダムに紙を選び、読み上げる。

実際にやってみると、以下のような感じになります。

足が速くなりたいです。どうしたらいいですか。

とにかくたくさん本を読めばいいよ。

最近、友達とけんかをしました。どうしたら仲直りができますか。

腕立て伏せをしよう!

ぴーちょこ

悩み事に対して、めちゃくちゃな解決策が読み上げられるので、教室中が爆笑の渦に包まれますよ。

ゲームのルール

「悩み事相談室」のルールです。これは、私が実際にやってきたときに決めていたルールです。

後で紹介する「ゲームを楽しくするためのポイント」とは違い、子どもたちに約束させるルールです。

① 誰かが傷つくことを書いてはいけない。

これは、ゲームを始める前に徹底的に教えます。私は、「このルールを守らなかった子がいたら、二度とこのゲームはしません。」と宣言します。

「誰かが傷つくことを書いてはいけない」というルールを決めておかないと、以下のようなことが起きます。

ぴーちょこくんが好きなんです。どうしたらいいですか。

牛乳を一気飲みすればいいよ。

テストで100点をとりたいです。どうしたらいいですか。

ぴーちょこくんを殴れば、その悩みは解決するよ。

いかがですか?ちょっとした悪ふざけのつもりで書いたとしても、名前を挙げられた子は傷つくかもしれません。また、周りで嫌な気分になる子がいるかもしれません。

ただ、「誰かが傷つくことを書いてはいけない」では、3年生や4年生の子にうまく伝わらないかもしれません。その場合、「誰かの名前を書いてはいけない」と言い換えてもよいでしょう。

このルールを決めておかないと、絶対に悪ふざけで友達をネタにする子が出てきます。

なんだか窮屈なルールに感じるかもしれませんが、このルールを決めておくことで、子どもたちの人権意識を高めることにつながります。

② 下品なことを書いてはいけない。

下品なことを書くのを認めてしまうとエスカレートしやすいので、これもダメにします。

初めは、「うんちを踏んづけてしまいました。どうしたらいいですか。」が、「うんちが食べたくて仕方がありません。どうしたらいいですか。」というように、変な方向へ行ってしまいます。

ぴーちょこ

一部の男子が喜び、女子が嫌がるのが目に浮かびますよね。

「悩み事相談室」は、「悩み事」と「解決策」の意外な組み合わせを楽しむゲームです。

この2つのルールを守らせれば、きっと楽しい学級レクの時間になりますよ。

ゲームを楽しくするためのポイント

次は、ゲームを楽しくするためのポイントです。

ぴーちょこ

教師から伝えてもいいし、子どもたちに気づかせてもいいですよ。

文は一文で短く

悩み事も解決策も、一文で短く書いた方が盛り上がります。解決策で例を挙げてみましょう。

とにかくがんばれ!

まずは買い物に行って、魚を買ってから大根とにんじんも買おう。それから、本屋にも行って国語辞典を買うといいよ。そうすれば、あなたの悩みは解決されるよ。

短い方がいい理由。それは、笑うタイミングを作りやすいからです。

実際にやってみればわかりますが、文が長く、しかもいくつもあると、子どもたちは笑うタイミングがわかりません。

最初にワッと笑ってから、何となくクスクス、…え?いつまで続くの?という感じになります。

短い方が、確実に盛り上がります。

ぴーちょこ

お笑いのツッコミが、短くスパンッと来るのと同じです。

誰もがわかることを書く

誰もがわかることを書くのも、ゲームを盛り上げるためには大切なポイントです。

私自身何度も経験しましたが、一部の子にしかわからないマニアックなことを書いて、一部の子しか笑えないことがあります。

例えば、以下のようなことです。

明日、晴れてほしいです。どうしたらいいですか。

サンライズ瀬戸に乗って、旅行をするといいよ。

サンライズ瀬戸とは、寝台特急のことです。鉄道が好きな子はわかりますが、わからない子は戸惑います。

誰もがわかる単純な内容の方が、クラス全体が爆笑して盛り上がります。

書いた内容を言わない

書いた内容を言ってしまう子、絶対にいます(笑)。

しかし、読み上げる前に、「わたし、こんなこと書いたんだよ」とばらしてしまったら、楽しみは半減してしまいます。

また、読み上げて盛り上がった時に、「あれ、わたしが書いたやつだよ」と言っても何となくしらけます。

書いたことを誰にも言わない、誰が書いたかわからない意外性が、このゲームをおもしろくするのです。

読み上げが、「悩み事相談室」の命!

このゲームの盛り上げる最大のポイントは、読み上げです。「悩み事相談室」の命です。

そのため、読み上げは教師がしましょう。

盛り上げるための間のとり方、抑揚の付け方が教師の見せ場です。

一度、子どもたちが読み上げたいと言ったのでやらせたことがあります。結果は…盛り上げることができず、「やっぱり先生が読んで」となりました。

最後に

「悩み事相談室」は本当に楽しく盛り上がるゲームなので、私は毎年行っていました。

子どもたちは慣れてくると、面白い悩み事や解決策を考えるようになります。以下、実際に子どもたちが考えたことを紹介して、この記事を終わります。(組み合わせは適当です)

先ほどの悩み事への答えに納得できません。どうしたら納得できますか。

また明日聞いて。

悩み事がないのが悩みです。どうしたら悩み事ができますか。

自分で考えなさい。

空を飛びたいのですが、冗談ではなく真剣に答えてください。

私も今、それについて考えているの。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる