学級文庫に自分の本を置くなら、ブックフィルムを!

学級文庫に自分の本を置いていますか?

学校の本が学級文庫にある場合がありますが、教師が子どもに読んでほしい本がある場合、自分の本を学級文庫として置くことがあると思います。

ぴーちょこ

私も学年に合わせて、結構たくさんの本を学級文庫に加えていました。

教師がおススメする本というだけで、子どもたちが興味をもって読む場合があります。あまり読書をしない子には、教師のおススメの本を紹介しましょう。

しかし、学級文庫に自分の本を置いておくと、1年で結構傷んでしまいます。

そのため、自分の本を学級文庫に置くなら、ブックフィルムをかけるのがおススメです。

ぴーちょこ

本のサイズに合わせて、サイズを選びましょう。

とりあえず、2m巻の物を買ってきました。

中身を取り出すと、ロールになっています。これを本のサイズに合わせて切ります。

ぴーちょこ

フィルムの貼り方は箱に書いてあります。慣れるまでは空気が入りやすいので注意!最初は失敗してもよい本を選びましょう。

本をグルっとカバーするための横の長さをとったら、本の上下に合わせて縦の長さもとり、切ります。

1cm方眼マスを参考にすれば、まっすぐ切ることができます。

わかりにくいですが、完成品です。フィルムを貼ったために、光が反射しています。

これもわかりにくくて申し訳ないですが、表紙をめくったところです。

ブックフィルムをすることで、表紙が傷みにくくなります。

本は水分に弱いため、子どもたちが濡れた手で触るとすぐに傷んでしまいます。しかし、ブックフィルムをすることで、表紙が水分から守られます。

学級文庫に入れる本は、長く愛読してほしい本だと思います。長持ちさせられるように、ブックフィルムをすることをおススメします。

ぴーちょこ

古本として手に入れた本でも、ブックフィルムをすることで、さらに長持ちさせられますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる