かき氷は自宅で手作りが一番!おススメかき氷器

暑い夏は、冷たいものが食べたくなりますよね。といっても、近年は冬でも暖かくした部屋でアイスを食べる時代です。

しかし、かき氷はやはり夏です。

暑い夏に、おいしいかき氷を食べたいですよね。おいしいお店をめぐるのも楽しいですが、やはりかき氷は自宅で手作りが一番です!

ぴーちょこ

わが家の子どもたちは、家で作るところから楽しんでいます。

手作りかき氷のよさとは・・・

①好きな量に調節できる
②好きなトッピングができる
③原価が安い
④作るのが簡単

好きな量に調節できるのは、家でかき氷を作るときにいろんなメリットです。

小さな子どもはたくさんは食べられません。だから、子どものサイズに合わせて作ることができます。また、少量ずつ違う味を楽しむことができます。

カロリーが気になる人にとっても、量を調節できるのはいいですね。

ぴーちょこ

氷そのものは水だから0kcal。食べる氷の量を減らせば、シロップやトッピングも減らせるので、全体のカロリーも抑えられます。

好きなトッピングができるのも、手作りのメリットです。

シロップをカラフルにしてもいいし、アイスやフルーツもトッピングして自分だけのこだわりかき氷が作れます。

原価が安いのもいいですね。氷は自宅で作ることができるので、氷代はほぼかかりません。かかるのはシロップやトッピングにかかる費用だけです。

手軽にシロップだけでよいのであれば、かなり安上がりです!

そして、作るのが簡単なことがポイントです。かき氷器で氷を削り、シロップをかけるだけです。子どもでも簡単に作れます。

目次

おススメかき氷3点

ただ、かき氷を作るためには、かき氷器が必要です。かき氷器もいろいろなものがあるので、どれを選んだらよいか迷うかと思います。

そこで、私がおススメするかき氷器を3点、ご紹介いたします。ライフスタイルに合うものを見つけてください。

手動式かき氷器

一つ目は、ドウシシャの手動式かき氷器です。この製品のおススメポイントは、

・手動式なので、手入れが簡単
・刃の高さ調節ができる
・ハンドルが回しやすい
・電池式でないので、壊れにくい

・雰囲気が夏っぽい

手動式ですが、刃の高さ調節機能がついているので、ジャリジャリのかき氷からふわふわのかき氷まで作れます。

手動式は手軽ですが、氷を削るのはやはり電動式の方が圧倒的に楽です。それでも、このドウシシャのかき氷器は、手動式の中ではハンドルが回しやすく、作りやすいです。

ぴーちょこ

手動式には、もっと安いものもあります。しかし、ふわふわ氷は作れないし、ハンドルも回しにくいのでおススメしません。

電動式かき氷器

先ほど手動式と同じメーカーのドウシシヤの製品です。こちらは電動式なので、氷を削るのが簡単です。あっという間にできます。

・電動式なので、簡単に作れる
・刃の高さ調節機能付き
・デザインがシンプルで、インテリアになじむ
・手動式より値段はするが、それほど価格アップはしない

ぴーちょこ

やはり電動式は便利です。氷があればすぐに作れるので、買ったけど使わないなんてことにはなりません。

おとなのふわふわかき氷器

業務用かき氷器シェアNo,1のメーカー、中部コーポレーションの商品です。値段が張りますが、おススメできるかき氷器です。

・操作が簡単で、直感的に使える
・簡単に分解できるので、手軽に洗えて衛生的
・氷の粗さは、ツマミで簡単に切り替えできる

ぴーちょこ

簡単に使えて、洗うのも簡単です。ただ、氷を削るスピードが少しゆったりしています。

いかがでしたか。初期投資は必要ですが、あれば毎年使えるので、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる