次年度に向けて 教師の年度末のおススメの過ごし方

3月の修了式を終えると、「やっと1年が終わったぁ!」と開放的な気持ちになり、特に何もしないまま次年度を迎えていませんか?

もちろん、1年の疲れをとるために、思い切りリフレッシュすることは大切だと思います。しかし、せっかく時間があるのですから、次年度に向けて準備もしておきたいものです。

ということで、次年度に向けた教師の年度末のおススメの過ごし方について、提案していきます。

目次

自分の振り返りをする

1年の仕事を振り返る

1年を振り返ってみて、学級経営で自分ができたことを振り返ってみましょう。小さなことでもかまいません。いろいろと書き出してみましょう。

例を紹介します。

  • 学級通信を毎日発行することができた。
  • 漢字小テストで全員100点をとらせることができた。
  • 長縄の8の字跳びで、歴代新記録を出すことができた。
  • 二重跳びが1回もできなかったA君を跳ばすことができた。
  • 教育書を毎月3冊読むことができた。
  • Excelで、簡単な数式を組み込んだ表の作り方を覚えた。
  • 1年間、体調不良で欠席することなく勤務できた。
ぴーちょこ

小さなことでもいいから、できるだけたくさん書き出してみましょう。

書き出せたことは、確実にあなたの力として身に付いたことです。

実は、この「できた」を毎年書き続けていくと、たくさんの「できた」が蓄積されていきます。これが大切で、教師としてどんな力が身に付いたのか、目で見て確認することができます。

もちろん、「できたと言えるほどのことじゃないのに…」と謙遜される方もいるかもしれませんが、どうせ自分しか見ないことです。恥ずかしがらずに、毎年書き溜めていきましょう。

ぴーちょこ

私なんか、「間違って覚えていた『りっしんべん』の正しい書き順を覚えた」なんて記録がありました(笑)。

何年か蓄積されると、ふと見返した時に、「あの時の自分はこんなことをがんばっていたんだ。よし、次年度はもっとがんばってみよう!」とやる気が出てくることがあります。

プライベートでやりたかったことができたか振り返る

仕事だけでなく、プライベートが充実していたか振り返ることも大切だと私は思っています。

プライベートを充実させることが、仕事の充実につながると考えているからです。

教師として輝いて見える人は、プライベートも充実している人です。私が出会ってきた先生方は、プライベートも充実していました。

年度末には、プライベートでやりたかったことができたか振り返りましょう。

ぴーちょこ

できなかったこと、やりたかっとことを書きだしておくと、次年度の目標になりますよ。

次年度の目標を立てる

仕事の目標を立てる

自分の振り返りをしたら、次年度の仕事の目標を立てましょう。次年度の学年が発表されていれば、かなり具体的な目標を立てられると思いますが、新学年の担任の発表は4月という学校も多いでしょう。

そこで、どの学年になっても生かせるような目標を立てましょう。

目標を達成するためには、「やらなければならない」よりも「やりたい」を目標にした方がよいです。

具体例を挙げてみます。

  • 学級通信を毎日出す。
  • 学級の歌を作る。
  • 学年園で季節に合わせた野菜を育てる。
  • 毎月、子どもたちとおもしろい集合写真を撮る。
  • 体育でタブレットを活用した授業をする。
ぴーちょこ

尊敬する先輩がやっていることを目標にしてもいいですね。

自分がワクワクするようなことを目標にしてみましょう!やらなければならないことは、どうせその時になればやります。

それよりも、自分がやりたい、チャレンジしたいことを目標にした方がやる気が出ませんか?

プライベートの目標を立てる

仕事を円滑に進めるためには、プライベートの目標を立てることも重要です。

プライベートの目標を達成するためには、仕事を効率よく進め、プライベートに使える時間を捻出する必要があります。

つまり、プライベートを充実させようとすることが、結果的に仕事を効率よく進めることにつながるのです。

プライベートの充実とはちょっと違いますが、子どもがいて早く帰らなければならない先生って、仕事が早くないですか?

逆に、独身の先生で、のんびり仕事をしている先生が周りにいませんか?

プライベートでやりたいことも、年度末の間にしっかり考えておきましょう。「毎日、趣味の消しゴムはんこづくりをやりたい」と目標を立てれば、毎日早く帰ろうとしますよね?

プライベートの目標は、毎日に関わる小さなことと、時間をかける大きなことの両方を考えておくとよいと思います。

私が実際に立てていた目標を紹介します。

毎日に関わる小さな目標
・ギターを毎日30分練習する。

時間をかける大きな目標
・オリジナル曲を1年で5曲作る。

ぴーちょこ

プライベートの目標を立てておくと、家に帰ってからの時間も充実しますよ。

思い切りリフレッシュする

年度末から春休みは、一番リフレッシュできるときだと思います。

(修了式に1年生の担任だと分かったら、入学式準備に追われてそれどころじゃないかもしれませんが…(笑)。)

次年度から気持ち新たに仕事ができるように、思い切りリフレッシュしましょう!

私のおススメは、旅行です。一泊二日でもよいので、現実逃避の旅に出てはいかがですか?

旅行に限らず、人によっていろいろな趣味をお持ちだと思います。趣味に思い切り時間をかけるのもいいですね。

仕事のデータやプリント類を整理しておく

再び仕事の話に戻りますが、年度末には仕事のデータやプリント類を整理しておきましょう。

教員経験が何年かある人なら想像がつくと思いますが、作成したデータは再び使用することが多々あります

学習プリントのデータ、指導案のデータなど、また同じ学年を受け持つことになったときは、出番がやってくるかもしれません。そのために、きちんとデータ整理をしておきましょう。

データは、校務分掌や教科など、種類ごとにフォルダを作って保存しましょう。

授業で使ったプリント類もきちんと整理しておきましょう。デジタル化が進んでいるといっても、プリントや掲示物などの資料は教師の仕事には欠かせません。

私は、研究授業でプリントだけでなく、さまざまな資料やグッズを用意した場合は、袋にひとまとめにして保管していました。

デジタルデータやプリントなど、せっかく作ったものを無駄にしないよう、年度末にきちんと整理しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる