ギターが得意は、教員の武器!

教員のみなさん、または教員を目指している方々。ご自分に何か特技と言えるものはありますか?

教員は、日々子どもたちに授業を教えています。しかし、授業以外のことを話す機会も多くあるのが教員の仕事です。将来の夢を語るとき、自分の人生経験を語るときなど、自分の経験を話すことは、どんな本を読み上げるよりも、子どもたちは真剣に聞いてくれると思っています。

そう、教員の人生経験とはすなわち、自分が熱中して取り組んできたことです。それは、自分にとって「特技」であるし、今でも「趣味」かもしれません。

「特技なんかないよ」と言われる先生がいるかもしれませんが、読書が趣味であれば、多くの本について語れるでしょう。映画鑑賞が好きであれば、いろんな映画や俳優について語れるでしょう。

夢中になったことがあれば、きっと子どもたちに熱く語れると思います。

ぴーちょこ

ギャンブルが趣味の先生は…ちょっと話しにくいかな…

さて、ぴーちょこですが、ギターを少々かじっていたので、子どもたちの前でギターをよく弾いたものです。

ということで、ギターが特技であるとどんなメリットがあったか、私の経験を話します。

生涯続けられる趣味として、大人になってからギターを始める方もいます。この記事を読まれた方が、ギターを始めるきっかけになればうれしいです。

目次

先生がギターを弾けると知った子どもの反応は?

先生がギターを弾けると、小学生から中学生まで「おぉ~」という反応があります。必ず子どもたちは興味を示します。中学生だと、弾き語りに興味のある子もいるので、先生を見る目が変わります。

そもそもギターを弾かなくても、ギターを見せるだけで確実に食いついてきます(笑)。

ギターは身近な存在のようで、実際には弾ける人が身近にいないという楽器です。ギターを知らない子はいませんが、ギターの演奏を聞いたことがない子はたくさんいます。

ですから、ギターを弾く先生だと認知されると、これまで話しかけてこなかった子が話しかけにきます。

中学校だと、文化祭の有志発表などで、ギターで弾き語りをしたい、バンドで演奏したいという子どもたちが頼ってくれます。子どもたちと一緒に演奏出来たら最高ですね。

ギターを弾けることで、ギターを接点に子どもたちとの関りが増えたことが、大きなメリットでした。

どんな場面でギターを弾くの?

音楽の授業

音楽の授業の伴奏としてギターが使えます。歌を歌うときはピアノが定番ですが、ギターも十分伴奏楽器として使えます。もちろん常にギターを使うわけではなく、時々使うことで、子どもたちが新鮮な気分で歌えます。

ピアノは設置されている場所でしか演奏できませんが、ギターはどこでも演奏ができます。このメリットを生かして、ピアノがない場所でも、歌う活動ができます。

野外活動

野外活動(いわゆるキャンプ)でもギターは大活躍します。

キャンプファイヤーの時にギターが弾けるというだけで、あなたはヒーローになれます。

ギター伴奏で、「遠き山に日は落ちて」「今日の日はさようなら」などを歌うと、哀愁漂うこと間違いなしです!

文化祭

先ほども書きましたが、中学校の場合、文化祭で生徒が弾き語りをしたり、バンド演奏をしたりする時間を設けている学校は多いと思います。

生徒が演奏するのですが、ギターを弾ける先生ということで、出場する生徒が教えてもらいに来ることがあります。また、メンバーがそろわない場合、「先生、手伝ってください!」と言われることもあります。

どんな曲を弾いたらいいの?

自分の好きな曲

ギターを弾くなら、自分が弾いて楽しい曲が一番です。年代問わず、自分が好きな曲を子どもたちに聞かせてあげるといいでしょう。

でも、子どもたちが全く知らない曲だと、ビミョーな反応をされます。自分の好きな曲の中でも、子どもたちが知っている曲にしましょう。

流行りの曲

学校でギターを弾くメリットは、「子どもたちと一緒に歌えること」です。子どもたちと盛り上がりたいなら、流行りの曲は外せません。

例えば、あいみょんの「マリーゴールド」は多くの子が知っているし、ギター伴奏がしやすい曲なのでおススメです。

流行りの曲を演奏したければ、ギター弾き語り用の楽譜を購入するのがおススメです。私はその楽譜を子どもたちに見せ、どれを歌いたいかよく聞いていました。

子どもたちが選ぶので、楽しそうに歌います。

楽譜は書店で探すと、最新のものが必ず売っていますよ。

卒業ソング

学校ならではの卒業ソングを歌うのもいいですね。教師が弾いて歌ってあげてもいいし、子どもたちと一緒に歌うのも思い出になります。

ギターで卒業ソングを歌うなら、J-POPの中から名曲を選びたいですね。

ギターを始めるには?

ここまでお読みいただき、ギター経験者は「よし、学校で弾いてみようかな」と思っていただけたでしょうか?

また、全くギターにさわったことがない方は、ギターを始めてみようかなと思われたでしょうか?

これからギターを始めてみようと思われる方のために、簡単ですが初心者用のギターを紹介します。

Legend レジェンド 入門セット

アリアという楽器メーカーの廉価版モデルです。格安ですが、とりあえずギターを始めたいという方におススメです。値段の割にはしっかり作られています。

YAMAHA ヤマハ F600 入門セット

ギターはヘッド(一番上の弦を巻き付ける部分)に、メーカーのロゴが入っています。よくわからないメーカーを使っていると思われるのが嫌だなあと思われる方には、ヤマハがおススメです。

私もヤマハのアコースティックギターを使っていますが、30年以上たっても大きなメンテナンスをすることもなく、使い続けることができています。一つ一つのパーツがしっかり作られている印象です。

ギターを手に入れれば、後は楽譜が必要です。最初は演奏が簡単な曲に挑戦しましょう。何か1曲弾けるようになると、次へのモチベーションにつながっていきます。

ギターが弾けるようになると、教師という仕事だけでなく、ご自身の世界も広がっていくと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元教員。
公立の小中学校で20年間勤務した経験を生かし、今をがんばる先生方を応援するサイトを作っていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる